News&Topics

『ひだまりファミリー』

昨日は、来年春に入社予定の3名の親御さんへの会社説明会でした。

この取り組みは、かれこれ10年以上になります。

大切に育てたお子さんをお預かりするにあたり、親御さんにもひだまりほーむを理解いただき、応援いただきたい。
そんな想いです。

こどもたちは、何回も何回もひだまりほーむと触れています。会社への理解も当然に深い。
彼らは家に帰れば、ひだまりほーむのことを話します。
その話す内容は、恐らく希望に満ちたものであしょう。
子どもたちのその希望が本当かどうかも、親御さんにはチェックをしてもらいたい。

僕がこの場で宣言することは、
『家族として扱う』
ということ。

家族だからこそ、温かい心で厳しく育てる。

家族のような組織は、時に甘えや依存が生じます。
親離れできない子。みたいに。
だからこそ、厳しさが必要。

若干、昭和チックですが、とても大事なことと思っています。

令和の時代だからこそ、昭和も大事(笑)。
昭和に共感いただける人は多数いることと思います。

しかし、地震カミナリ火事親父と言われた時代のように、威厳のある父親は僕にはできません。

令和風の頑固おやじを目指します。

親御さんたちも安心頂いたようで、ひとまず、僕も安心です。

大切に愛情持って育てられた子どもたちを、しっかりと育てて参ります。