【岐阜県各務原市】暮らしの中心にキッチンを 築17年の間取りリノベーション |施工事例|ウッディライフ

【岐阜県各務原市】暮らしの中心にキッチンを 築17年の間取りリノベーション

【岐阜県各務原市】暮らしの中心にキッチンを 築17年の間取りリノベーション | リノベーション

築17年ツーバイフォー(2×4)工法で建てられた住宅の1階部分をリノベーション。
T様が生活の中で感じていた不便さを解消する間取りにすることで、
家族とのつながりがより感じられる住まいとなりました。

所在地:岐阜県各務原市
家族構成:ご夫婦+子ども2人

 

リビング Before

リビング After

元々リビングのあった場所にキッチンを設け、ダイニングを造作カウンターに。

 

キッチン Before

キッチン After


キッチンだった場所は、間仕切り壁を設け書斎とウォークインクローゼットに。
クローゼット横の書斎は奥様のスペース。
洗濯物を干すことができ、そのままクローゼットにしまえる家事楽動線を実現しました。

 

ダイニング Before

ダイニング After


ダイニングだった場所をリビングに。
テレビを壁掛けにすることで、よりすっきりとした印象を与えます。

 

洗面 Before

洗面 After

洗面台横の収納は、手持ちの収納BOXのサイズに合わせて設計。
きれいな収まりになっています。

 

洗面 Before

洗面 After

浴室を狭くして、洗面脱衣室を広めにしました。

 

玄関 Before

玄関 After


玄関に間仕切り壁を設け、淡い水色の湯布珪藻土がアクセントカラーに。
そして間仕切り壁を作ったことにより、後ろに収納スペースができました。
マスクや鞄をここに収納して、外出時に大活躍しているスペースです。

 

お施主様インタビュー

リノベーションのきっかけは?

T様「17年前に家を建てて、生活動線が使いずらいと思うことが多々あり、間取りを変えてみたいと思っていました。特にキッチンが奥まった場所にあり、朝子どもに「行ってらっしゃい」と言うにも玄関まで一番遠く、何度も往復していました。」

リノベーションをする上で悩んだことはありますか?

T様「壁も床もそれほど劣化しておらず、キッチンやその他設備もまだまだ使える状態だったので、間取りを変えたいというだけでリノベーションをしていいのかなという思いはありました。結果リノベーションをして、家が大好きになって。今は1ミリの後悔もないです。」

ウッディライフのリノベーションを選んだ理由は?

T様「自然素材です。無垢の木のやわらかさやあたたかさ、建具などの素材感がいいなと思いました。」

こだわったところは何ですか?
T様「一番は奥まっていたキッチンを家の中心に持ってきたことです。玄関も近く、お庭の景色を眺められます。タイルや造作収納にもこだわり、とにかく打ち合わせが愉しかったです。キッチンは広々と使えるので、先日は子どもと一緒に料理をしました。そんな様子を見た主人が「幸せな風景だね。」と言って、とても嬉しくなりました。」

暮らし始めての変化は?

T様「ちょっと間取りを変えただけで、生活が豊かで便利になりました。暮らし始めて増えたものはごみ箱だけで、必要以上のものはいらないと思っています。造作家具や建具が輝くこの空間を、愉しめています。家が大事過ぎて、まだ壁にピンがさせないんですよね(笑)。時計も壁にかけず置いたままです。」

新たな住まいで発見はありますか?

T様「部屋は広ければいいというものではないなと実感しました。キッチンを中心に置くことでリビングは狭くなりましたが、それが自分たちの暮らしに合っていて、使い勝手は格段に良くなりました。」

全体を通してリノベーションはいかがでしたか?

T様「何年もしたためてきたアイデアを形にできたので、大満足です。いつか2階もやりたいです。」

もっとこうしたら良かったと思うことはありますか?

T様「しいて言うなら…。いや、ないですね(笑)。」